クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

クレジットカードの種類と主な違い

2017/11/06

クレジットカード

クレジットカードには、まず国際ブランドがあります。同じ会社から提供されるカードでも、この国際ブランドを選べることがあり、国内ではJCB、Visa、マスターカードの3つが有名です。これらのブランドの付いたカードは国内だけでなく、海外でも利用できます。

そして、その国際ブランドとは別に、クレジットカードにはグレードがあります。

最近、増えている年会費が無料のカードを”年会費無料カード”というグレードとします。このカードの特徴は、そのまま年会費が無料で、持っているだけならいっさい余計なお金を支払う必要がない、という点があげられます。

ですが、限度額が低いことが多く、利用を続けても増額されにくいという点があります。また、盗難の際の保険や海外旅行に行った際の保険が全くない場合や、ある場合でも以下に紹介するこれより、上のグレードのカードより少額になっていることがほとんどです。

年会費が掛からない点から学生が利用したり最初の1枚として持つにはいいカードですが、よくクレジットカードで買い物をする人には物足りないかもしれないというグレードになります。

この上のグレードは”シルバーカード”と呼ばれるカードで、カードによって1000~2000円程度の年会費が掛かります。年会費無料のカードに比べて限度額が大きく、利用を続けると最大で100万円程度まで増額されることがあります。保険に関しても年会費無料カードより手厚い場合がほとんどで、これがスタンダードなクレジットカードだと言っていいでしょう。

シルバーカードの上は”ゴールドカード”と呼ばれるカードになり、このグレードになると、多くのカードで年会費が1万円単位になります。また、ここまでのカードに比べて発行の際の審査が厳しくなる為、このカードを持っていること自体が一種のステータスだと言えるかも知れません。限度額は最初は低くても、すぐに300万円程度まで上がることが多いです。

そして、ゴールドカード以上のグレードのクレジットカードを所持している特典として、主要国際空港のラウンジを利用することができます

これはよく海外旅行に行く人にとっては嬉しい特典です。もちろん保険に関しても、シルバーカード以上です。更にこの上にはカード会社によって”プラチナカード”、”ブラックカード”などと呼ばれるグレードがあります。このグレードになると、限度額が1000万円単位なのは当たり前で、実質的に無制限ということも少なくありません

よって、基本的にかなりの年収がないと発行してもらうことができません。

年会費も10万円を超えるような高額になりますが、保険の額も高額になり、ゴールドカードまでにはないサービスを利用することができます。一例として、健康についての相談ダイヤルがいつでも無料で利用できるようなサービスがそれに当たります。

このように、クレジットカードには国際ブランドとグレードという種類があります。グレードは主に利用できる金額の違いですが、国際ブランドはそれによって利用できるお店が変わるので、一番自分に適しているブランドを選択してください。

国内での利用が多い場合はJCBを選択しておけば一番多くのお店で利用できますが、海外によく行く場合はVisaやマスターカードの方がいいでしょう。アメリカンエキスプレスというブランドもありますが、これは多少特殊で、国内ではこのブランドは扱っていないお店も多く、他のクレジットカードを一切持っていない場合の1枚目としてはおすすめできません。

クレジットカードを初めて持つ場合には、まずはJCB、Visa、マスターカードのどれかの年会費無料カードかシルバーカードを作り、必要に応じてグレードを上げていくといいでしょう。

-記事
-,