クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

口座の残高に余裕を持たせてクレジットカードを利用

2017/11/06

通帳をみる女性

物を買ったり、サービスの利用をしたときの支払いで、クレジットカードを使ったら、その請求がいつされるのかは非常に気になるところです。

クレジットカードへの請求がいつになるかは利用先によってまちまちです。すぐに請求される場合もあれば、だいぶ後になってから請求される場合もあります。そのタイミングは様々ですが、何にせよいつ請求されても良いように口座の残高に余裕を持たせておくことが大事です。

請求されてすぐに引き落とされるデビットカードとは違い、クレジットカードは請求額を確定してから引き落としされるまでにタイムラグがあります。

その間にお金を用意することができれば支払い不能にはなりませんので、請求額が確定したらその額を確認し、必要な分だけ入金させておかなければいけません。収入が少なくてお金にあまり余裕のないときは、請求はできるだけ先へ延ばしてもらいたいです。

しかし、利用者側からそれをコントロールすることはできないので、どうなるのかは請求額が確定してみないとわからないです。ただ、どうしても支払えそうにない場合は、一括払いからリボ払いに一時的に変更することで支払いを乗り切ることもできます。

その分支払うトータル額は多くなってしまいますが、支払い不能を回避するためには覚えておいた方が良い支払い方法です。ただ、一番良いのはそうならないようにお金の管理をしっかりとすることです。無計画でクレジットカードを使いまくり、後はリボ払いで何とかするというのでは、後々とても苦しくなってしまいます。

それでは賢いクレジットカードの使い方をしているとは言えませんので、そうならないようにしなければいけません。そのためにはクレジットカードを使った後に、いつ頃その請求がくるのかをだいたいでも良いですから把握していなければいけないですし、確定したら請求額を下回らないような口座の残高にしておかなければいけません。

また、クレジットカードの支払い口座が、ほかの支払いと一緒になっている場合は、とくに気をつけなければいけないです。残高をギリギリにしておいたら、クレジットカードの支払いに足りなかったというのはいただけません。

そうした凡ミスをすると、クレジットカード会社からの信用がなくなってしまいますので、余裕を持たせておくのがポイントです。

クレジットカードはとても便利なカードですが、その分お金を管理する能力が求められます。きちんと使いこなすためにも、上手な使い方を熟知しておかなければいけないでしょう。

-記事
-,