クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

クレジットカードの2枚集約利用のすすめ

2017/11/06

提案する男性

近年、さまざまな大型小売店ではポイントカードとしてハウスカードが発行され、そこには国際ブランドのクレジットが付くのが普通です。そうした関係から、知らぬ間に何枚ものクレジットカードを持つ結果となることが多いものです。

そんなカードを何枚も財布やカード入れ入れて持ち歩く人を見かけますが、これは避けた方が良いと思います。財布やカード入れを紛失した時、自分がどんなクレジットカードを持っていたかさえ分からず、連絡などに困ってしまいます。

従って、普段使う機会の少ないポイントカードを兼ねたハウスカードは自宅保管し、常時持ち歩き利用するカードは2枚に集約することをおすすめします。2枚とする理由は、1枚ではもしもの時に限度額オーバーや使えぬ店があると言った万が一のリスク回避のためです。

2枚集約利用法なら、ビジネスマンなら会社の出張費等の立て替え払い用と、個人的な買い物で使用カードをわけると言った使い方もできます。会社の立て替え払い用のカードの支払い用の銀行口座と、会社からの清算費が振り込まれる銀行口座を同じにしておけば、清算後に引き落とされるために、銀行口座の残高を気にすること無く使えて便利です。

またビジネスマンには、1枚は年会費無料でポイントが永久不滅のカードとし、もう1枚は年会費が掛かってもゴールドカードにするのがおすすめです。

出張等で飛行機を利用するケースが多い方なら、ゴールドカードの会費は空港のラウンジを利用することで簡単に元が取れ、しかも役付きの方などにはステータス的な意味もあるのです。

また国際ブランドのカードは、もちろん外国の多くの店で利用可能ですが、中でも海外で強いカードと言うのがあります。海外出張が多い方は、こうしたことも配慮してクレジットカードを選定すれば良いでしょう。クレジットカードには、さまざまな付帯機能も付いていますが、やはり本来の基本機能を十分に考えるべきと言えるのです。

クレジットカードは非常に便利ですが、カードを利用すれば、当然後日、支払いが必要であり、言い尽くされたことですが、使い過ぎには要注意です。

そのためにも、カードの2枚集約利用い方法を採り、個人的に利用するカードは1枚として十分管理できるようにすべきなのです。また、リボ払いと言う便利な機能もありますが、これは金利が高いため、闇雲に使うこと無く、上手に利用することが求められます。

便利なクレジットカードですが様々なリスクを最小にしメリットを十分に享受できるように、2枚集約利用等も参考にしてもらい自分の利用方法を一度見直されることをおすすめします。

-記事
-, ,