クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

持たないと損!?クレジットカードを持つメリット

2017/11/06

紙を持つ女性

平均すると一人当たり3枚ほどのクレジットカードを所有していると言われています。人によっては、一人で10枚以上も愛用しています。クレジットカードがここまで支持される理由、そのメリットとは何なのでしょうか?

まず、現金払いと違い、ポイント還元などの恩恵を受けられることが挙げられます。カード会員が享受できるものは、ポイントのほか、優待サービスや割引きなどがあります。

つまり、クレジットカードを持つことで、お得にお買い物ができるということです。

ただし、VISA、JCBやMasterCardの公式サイトにいき、純正のクレジットカードを作るのは考えものです。クレジットカードをせっかく申し込むのなら、最寄りの店舗、よく利用している店舗で発行しているクレジットカードを持つのがオススメです。

なぜなら各店舗で独自に追加特典を設けているのがふつうだからです。先ほどの優待サービスや割引きなどがよい例です。これが純正カードとなると、VISAなどの国際ブランドが用意している特典のみが付与されることになってしまいます。これは、もったいないです。

せっかくなら、ポイントが貯まるし、優待サービスも受けられるといったクレジットカードのほうがお得です。それから、クレジットカードの使い道はさまざまあります。

たとえば、通常のポイントを貯めると、VISAなどの公式サイト上でポイントの交換申請ができます。各種商品券と換えられたり、毎月の水道光熱費やスマートフォンの支払いに充当することが可能です。とりわけ、水道光熱費などの必要経費は、年間を通してみると、それなりの金額になっているはずです。

これらの支払いを全てクレジットカードで行なえば1年間ではまとまったポイントになります。

一般的にいって、クレジットカードには年齢制限があり、18歳以上である必要があります。ただし、高校生は申込不可です。とはいえ、18歳以上であれば、学生でもクレジットカードをもてます。高校を卒業して、親元を離れ、一人暮らしをしている学生もいるでしょう。ならば、なおさらクレジットカードを作成したほうがよいです。

クレジットカードがないと、毎月の電気代などをコンビニや郵便局で支払わないといけませんよね?この手間から完全に解放されるからです。

ようするに、ポイントが貯まるだけではなく、日々の暮らしまでもよい意味で変わります。クレジットカードは怖いなどと食わず嫌いをせず、試しに持ってみると、その良さが実感できると思います。一度使い慣れると、現金払いに戻れなくなるほどです。

-記事
-, , ,