クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

アルバイト収入のみでもクレジットカードを持つことは可能

2017/11/06

クレジットカード

クレジットカードはカードを利用して買い物をすることで、一時的に支払いをカード会社が肩代わりする形になります。完済するまではカード会社に借金をしているのと同じで、一括支払い以外にも分割、リボ払いなどを行うことが可能です。

クレジットカードでの買い物は、大変便利なので作って持っていたいと思うかたは多いでしょうが、カード会社からすると損をしないように、肩代わりした支払い料金をしっかり返してくれる人物であるかどうか、返済が滞らずに、きちんと完済できる人物であるかどうかを見極める必要があるのです。

ですから、申し込み後に個人の収入公共料金の支払い状況借金の有無などを入念に調べ、信用に値するかどうかを審査します。そうした事情から、審査に有利なのは収入が安定している人、社会的信用度が高い職業に就いている人となり、収入が不安定なアルバイトやパート、派遣などの非正規社員はどうしても不利になってしまいがちです。

ですが、そうしたかたは全く審査が通らないというわけではありません。

確かに年収の低さ、不安定さは信用度を下げてしまう要因にはなりますが、継続的に収入を得ていること、これまでに支払いを滞らせて信用情報を傷つけた経験がない人などは、充分にクレジットカードを作れる可能性があります。

まず、一口にクレジットカードといっても審査基準は千差万別で、カード会社によってかなりの差があります。グレードの高いカード会社になると、正社員で安定した収入があっても一定以上の年収がなければ落ちてしまうこともありますし、逆にアルバイト収入のみでも継続的な収入があれば、簡単な審査で作成できるカード会社もあるのです。

雇用形態がネックとなり、クレジットカードの審査が不安であるという場合には、まず審査基準が甘いカード会社を調べるところから始めてください。

アルバイト収入でも審査が通るカード会社がいくつかピックアップできます。後は申し込みをするのみですが、ここで虚偽の内容を申告しないことが大切です。年収や雇用形態、貯金額の状況を見ながら使用枠の上限が決められます。

また、キャッシング枠を0にしておくと審査が取りやすいとされていますから、必要ない場合には0で申し込むのがおすすめです。カードさえ無事に作成できれば、支払いのたびにお得なポイントが付随したり、インターネットでの買い物も楽にできるようになります。

アルバイト収入だけだからといって、諦めてしまう必要はありません。

-記事
-,