クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

クレジットカードの限度額がオーバーしてしまった場合

2018/02/27

カード

クレジットカードには必ず限度額が設定されています。その限度額を気にせず利用してしまう事で起きてしまうのが限度額オーバーです。

では、クレジットカードで限度額オーバーになった場合、どのような事になってしまうのでしょうか。中でも一番心配になるのが、クレジットカード会社からのペナルティや信用情報に傷が付いてしまうと言うことかと思います。

しかし、クレジットカードの限度額オーバー自体、何も悪い事ではなく、限度額オーバーをしたからと言って、クレジットカード会社からペナルティを受けるといった事や信用情報に傷が付くなどと言った事はありません。支払いが滞っているわけではなく、単に限度額をオーバーしてしまっただけの為です。

では、他に心配なことはないかと言うと、公共料金の支払いをクレジットカードで行っている場合です。この場合、公共料金の支払いができなくなる可能性も出てきてしまいます。そうなった場合、後日、コンビニなどで専用用紙を持って入金に行かなければならないと言う場合も…。そう言った面倒なことを避けるためにも、クレジットカードの限度額オーバーはお勧めできません。

では、どのようにしてクレジットカードの限度額オーバーを防げば良いのでしょうか。

例えば、1枚のクレジットカードに頼って利用している場合は、使い分けても良いかと思います。公共料金の支払いは、このクレジットカード。通販などで買い物する際は、このクレジットカードと言ったように分けて使う事で、限度額をオーバーするような事はなく、安心して利用する事ができるのではないでしょうか。

とは言っても、ポイントを考えると出来るだけ1枚のクレジットカードを使い続けたいと言う人も少なくありません。そのような場合は、一度、クレジットカード会社に限度額のアップを相談してみても良いかと思います。クレジットカードの限度額の場合、利用年数に応じて自動的にアップしていくものも少なくありません。その為、利用年数や利用頻度などによっては、限度額をアップさせる事も可能になる場合があります。

その他、メール設定などを行うことで、クレジットカードを利用するたびにメールで利用額を確認する事ができる場合もあります。それを利用すれば、今月いくら使っているかと言う事も把握しやすくなり、結果的に限度額をオーバーすることなく、後が現金での支払いと言った形でその月の支払いを調整する事もできるかと思います。

-記事
-, ,