クレジットマニア

クレジットマニアはクレジットカードに関する色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

記事

クレジットカードのメリットとデメリット

2017/11/06

〇×を持つ女性

18歳以上になれば、クレジットカードを所有することが出来るので作る人も多いでしょう。

最近ではたくさんの企業がクレジットカードを発行しているので、どの企業のクレジットカードにしようか迷ってしまうこともよくあります。またクレジットカードを作る前にはメリットとデメリットをしっかり把握して、正しい方法でクレジットカード利用することが大切になってきます。そこでクレジットカードのメリットとデメリットを確認していきましょう。

●現金を持たないで買い物や食事をすることが出来るのがメリット

クレジットカードの最大のメリットは、現金を持たないで買い物や食事をすることが出来る点でしょう。通常は財布に現金を入れておくことになりますが、多額の現金を入れてしまうとトラブルに巻き込まれるリスクも高くなってしまいます。

しかし、クレジットカードを持っていれば必要最低限の現金を財布に入れておけばいいので、安全性が高いです。また、金欠の状態になっていて手持ちの現金がない時でも、クレジットカードを持っていればしっかり対応することが出来ます。

ポイント還元率が高いのがメリット

クレジットカードはほとんどの企業がポイント制になっていて、利用するとポイントが貯まります。ポイントの還元率は1%以上になっていることが多いので、クレジット払いをすると効率良くポイントが貯まっていきます。ポイントは支払いの時に使用することが出来るので、経済的に大きなメリットになります。

盗難補償があるのがメリット

財布を落としてしまった時に現金とクレジットカードを紛失してしまいますが、現金は高い確率で戻ってくることはありません。しかしクレジットカードは盗難保険が付帯しているので、紛失した時に不正利用されたら補償してもらえます。また紛失した時にカードを停止すれば利用することが出来なくなります。そのあとに再発行すれば実質的な被害はなくなります。

●金銭感覚がなくなって使い過ぎてしまうのがデメリット

クレジットカードを持っているとメリットになる点が目立ちますが、金銭感覚がなくなって使い過ぎてしまうのがデメリットになります。クレジットカードは手持ちの現金がなくても、買い物や食事が出来てしまうので、金欠状態になっている時でも使ってしまうようになります。

それで金銭感覚がなくなって、クレジットカードの支払い大変になってしまうこともよくあります。クレジットカードを作る前に金銭感覚がなくなって、使い過ぎてしまうのがデメリットがあることをしっかり頭に入れておきましょう。

-記事
-, ,